Papo & Yo 過去記事まとめ

字幕付けが1動画あたり10分で終わったので、すぐに完結した「Papo & Yo 実況」。
本記事では、実況動画を上げた際に書いた記事をまとめておきます。
では古い順にどうぞ。

ブラジルに点在するスラム街、ファヴェーラについて

ニューヨーク白熱教室:SFを本気で科学してみる

ドキュメンタリー映画「殺人という行為」の衝撃

ネルー著「父が子に語る世界歴史」感想①

ホラーADVゲーム「Tormentum - Dark Sorrow」レビュー

ネルー著「父が子に語る世界歴史」感想②

Papo & Yo の少女は何者か

Papo & Yo 全体の考察

Papo & Yo 実況 最終回&本作の考察

キコの冒険の果てに辿り着いた部屋は…



これで終わりです。
最後まで見ていただいてありがとうございました。

エンディングのスタッフロールで本作の背景解説をしましたが、まだ少し話し足りないので、以下で補足しておきます。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part08

怪物の正体は、みなさんとっくにご存じでしょうね



ロープウエイのシーンはゲーム史上に残るほど綺麗で哀愁ある場面だと思ってます。

さて、いよいよ次回で最終回です。
本作の考察は次のブログ記事でやりたいと思ってます。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part07

謎の少女との悲しい別れ



あと2回くらいで完結です。
次回、このゲームが本当は何を意味しているのかを考察します。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part06

ルーラのために怪物と対峙する



神殿というと、ギリシャのパルテノン神殿のようなものを思い浮かべるかもしれませんが、本作は南米が舞台なので、インカ帝国式の屋外神殿です。
ルーラを寝かせた中央の儀式台は、人身御供として生け贄を捧げたものでしょうか。

古来、狩猟民族にはイニシエーションという通過儀礼があり、その内容は様々ですが、これを終えると成人した印としてボディペインティングをする風習があります。
キコの体に、このような呪術を信奉する部族に特有の模様が浮かび上がってきたのは、精神的に成熟してきたことを示しています。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part05

神殿に行けばルーラを生き返らせることができるかも…



神殿に行くためには怪物も連れて行かなければいけないらしいので、仕方なく引っ張っていきます。
怪物の方はやる気なしというか、無邪気にココナッツを追ったり昼寝してるだけですね。
蛙さえ与えなければ、人畜無害そのものです。

ところで、あの少女はいったい何者なんでしょうね?
ゲームをクリア済みの私にとっても、未だにはっきりしません。
諸説ありますが、私の印象ではキコの家の近所に住んでる女の子だと思ってます。

それと今回の動画で説明し忘れましたが、ゲームのタイトルである「Papo & Yo」はスペイン語です。
ゲームの舞台は南米をイメージしているらしいので。
ちなみに南米はブラジルだけがポルトガル後で、それ以外の国は全部スペイン語です。
本作の制作者ヴァンダー・カバレロはコロンビアの人なので、母国語がスペイン語なんです。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part04

ずーっと雨が降っていて、陰鬱な雰囲気。



空飛ぶ家を積み上げるパズルは、奔放なイマジネーションが炸裂してます。
前半の見所のひとつです。

動画の最後には、悲しい展開が待っています。
私はこの辺りから、本作がただのパズルゲームでないことに気付きました。

シャーマンを探す旅は続きます…

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part03

ちょっと憎めないかも…と思っていた矢先に怪物が豹変するシーンは恐ろしい



これでひとつ、ルールが明らかになりました。
「怪物には、蛙を与えてはいけない」

そして、青いココナッツを食べることで暴走が治まる模様。
なお、怪物に殴られてもゲームオーバーにはなりません。

続きを読む

Papo & Yo 実況 Part02

少女に「あんた呪われてる!」と罵倒され、屋上から突き落とされるキコ。



なぜ呪われてるのかは後ほどわかります。
今回は、グリム・ファンダンゴで言うところのグロティスのポジションに当たる癒やしキャラ「ロボットのルーラ」が登場します。
主人公キコとは既に友達のようです。

そして怪物も少しだけ出てきます。
本格的なモンスターとの接触は次回!

続きを読む

Papo & Yo 実況プレイスタート

新シリーズスタートです。
以前実況したBrothers:A Tale of Two Sonsが好きな方でしたらハマると思います。



Brothersは字幕がなかったのでわずか1週間で完結できました。
このPapo & Yoも字幕は殆どないので、結構なスピードで進められるでしょう。

主にブラジルなどの南米で見ることができる、ファヴェーラと呼ばれるスラム街が舞台になっています。
不法居住者が建てた小屋がひしめき合っていて、取り壊されて久しい九龍城もファヴェーラの亜種です。
付近の電線から勝手に電気を引いています。
失業やドラッグなどの社会問題も深刻で、もちろん治安は悪い。

Brazil-Favela.jpg

主人公はそんなファヴェーラの一角に住む少年キコ。
何かに怯えているキコは、謎めいた少女に誘われるまま、外へ飛び出します。

この少女がまた、付いてきて欲しいのか欲しくないのかよくわからない。
まだストーリーもよくわからないと思いますが、すぐに理解できるようになります。

完結まで10パートくらいかな?
是非、最後までお付き合い下さい。