Tales from the Borderlands サウンドトラック

先日実況完結したTales from the Borderlandsの音楽があまりにもイイので、サントラを編集して歌詞もつけて上げときます。



ちゃんと歌の内容がゲームのエピソードに対応してるところも芸が細かい。
軽く解説しておきます。

続きを読む

淫夢系 名曲アルバム

淫夢音MADは名曲揃い、はっきりわかんだね。



以前、おすすめ淫夢MADの記事を書きましたが、いまや"ゲーム実況"カテゴリよりも"例のアレ"カテゴリの方がチェック頻度が多いという有り様。

淫夢を知らない人のためにちょっと説明しておきます。
少し前まで「ガチムチパンツレスリング」がニコニコ動画で流行っていたのを覚えてますか?
これはアメリカのゲイビデオで、つっこみ所の多い展開と無理矢理な空耳により人気を獲得しました。
このパンツレスリングは"MAD"と呼ばれる、映像や音声を編集して作る二次創作物の素材として、頻繁に使われるようになりました。

そして時代は下り、そろそろ視聴者がマンネリを感じ始めた所で、「真夏の夜の淫夢」という日本のゲイビデオが突如、発掘されたわけです。
これは今から15年前のものですが、異様な世界観とキャラの立った出演者が注目され、MAD素材として現在も大流行中。
特に、「野獣先輩」というあだ名の出演者が主人公的な位置づけで、散々いじられてます。

更に、これ系の動画でコメントする際には独特なルールを守ることを要請されます。
まず笑いを意味する"w"を使ってはいけない(「草生やすな」と言われます)。
その他、「語録」と呼ばれる、淫夢登場人物の台詞を使うのも大きな特徴です。
これが伝染力が非常に高く、思わずリアルでも使ってしまいそうになります(使わなくていいから…)。

MADの作成者の中には非常に技術力が高い人が多くいて、自らの類い希なる才能をホモビデオに空費しています。
特に音楽系のMAD(音MAD)は名曲が多い。
私もこれらを作業用BGMにしていたんですが、さすがにマイリストが増えてきて煩わしくなったので、いっそのことヘビロテ曲をまとめてしまおうということで作った作業用BGMが、今回アップした動画です。

続きを読む