【Patreon】ろへいチャンネル開設のお知らせ!

数年前から抱いていた構想を実行する時がきました!



【Patreon ろへいチャンネルはこちら!】

まずチャンネル開設に至った経緯をお話しします。
8年間、ゲーム実況で生活していくことを目標にしていましたが、私の動画に大衆性がないため、再生数を伸ばして動画投稿サイトから収入を得るのは不可能だということに数年前から気付き始めました。

しかしブレイクするのが無理でも、コアな視聴者はついてるはず。
もしかしたら、Patreonを通じて直接支援してくれる方がいるかもしれない。
そう思って、今回のチャンネル開設を試みることにしました。

8年間続けてきたのは英語学習とゲーム実況くらいなので、私の天職と言えます。
ずっと続けるつもりですし、翻訳の腕も上達してます。

これからも
・あまり知られていない海外ゲームの魅力を視聴者に伝え
・たとえ日本語ローカライズ済みでも、あくまで自前の翻訳字幕をつけ
・ゲームを消耗品とせず、宝石のように扱う
良心的な動画作りをしていきます。

いつかゲーム実況が専門職と見なされるようになった時、"あいつは腕がある"と言ってもらえるようになるために、試行錯誤して動画を作っていこうと思っています。

なお、Patreonの使い方についてはこちらの記事をご参照下さい

それでは、長文失礼しました!

Patreon入会者特典について

Patreonの特典について詳細を説明します

■月に二本公開する"ネットラジオ"とは

毎回テーマを決めて、30分程度テーマトークをします。
例えば、
・2017年のろへいゲームランキング
・実況候補リストに入っている全ゲームの紹介
・30分でわかる美術史
など、自分が知っていること、興味を持っていることについて話していきたいです。
リアルタイム配信ではなく、説明のための画像などを挟んだ動画をYoutubeに限定公開します。

■毎月投稿する"ゲームレビュー動画"とは

以前に、次のようなゲーム紹介動画を投稿しました





こういったプレイする価値のあるゲームを、より内容に踏み込んでレビューします。
本当に誰も知らないような埋もれたゲームばかりプレイしているので、紹介予定作はすでに沢山あります。

■支援額10ドルと50ドルの違い

今のところ、特典に違いはありません。
今後Patreonでのコンテンツを増やしていくに従って、差違をつけていく予定です。

■なぜ海外サイトであるPatreonを選んだのか

一番、クリエイターにとって良心的だと思ったからです(支援額の配分など)。
あと私が好きなクリエイターは、大体Patreonに登録しているというのも理由の一つです。
ニコニコ動画でのチャンネル開設も一時期検討していたのですが、他の多くの視聴者と同じように私もニコ動運営に不信感を持っており、「沈みゆく船なのかもしれない」と考え、開設を思いとどまりました。
Youtubeで高画質版を投稿し始めたのも同様の理由からです。
ちなみにYoutubeでもチャンネルを持つことができるようですが、近頃のYoutubeはライブ配信に力を入れているようなので、自分の方向性とは違うかなと思いました。
かっちりとした動画を作りたいんです!

【Patreonろへいチャンネルはこちら!】

その他、疑問点などありましたら、コメントでお寄せ下さい♪

ツイッター始めました!

需要があるのかわからないままに、流行りに乗ってみることにしました。
遅すぎィ!




ガチな長文記事はこのブログに書いて、お知らせ等はTwitterで発信していこうと思ってます。
フォローしてね!

好きな場所に好きな写真やメッセージを残せるSNSアプリ「Risen」


「Risen(リズン)」というAndroidのSNSアプリに注目してます!
自分がある思い出の場所で写真を撮り、あとでその場所にもう一度訪れた時に、そこでの写真や残したメッセージが自動的に表示されるという、いわば"思い出のログ"を残すためのアプリです。
なかなか面白い試みで、興味深い!

気になった方は、上のリンクからRisen公式サイトを見てみて下さい。

Youtube版 高画質実況動画も上げてます!

ただいま、ニコニコ動画にアップロードした動画を、コツコツYoutubeに移しております。

"Dread Out"以降の実況動画は高画質バージョンですので、「コメントなしで見たい!」「HD画質で見たい!」という方は、Youtube ろへいチャンネルの登録をどうぞ♪

こっちだと動画容量を気にせずに高画質を追求できるのでいいですね。
ニコ動用とYoutube用で二種類のエンコードをしなければいけないのが、ちと面倒ですが…

最近はYoutubeもチェックしてまして、ニコ動とは全く違う文化で新鮮です。
みなさんのオススメ動画等ありましたら、ぜひ教えて下さいね

洋ゲーのための英語勉強法

前回のエントリのコメントで、英語をどうやって勉強してきたのか、という趣旨の質問があったので、ここでご説明しますね。
効果があったものを挙げていきます。

まず発音練習です。発音記号を見て、それらがどう発音するのか知っておかなければいけません。
UDA式英会話という教材でみっちり練習しました。
[英語発音入門]というサイトもよくまとまってます。

それから文法ですね。
予備校時代に嫌というほどやらされたのが、後々生きてきました。
5分型分詞構文だけ知ってれば大丈夫だと思います。

シャドーイングは、短期間で飛躍的に英語力を伸ばすのに効果大です。
NHKラジオの実践ビジネス英語が、自分にとって最適の教材でした。
テキスト安いし(笑)
3分の英文朗読を1日100回聞いてました。
最初の30回はテキストを読みながら聞いて、次の30回はテキストを見ながら音声に合わせてシャドーイング、最後の40回はテキストを見ないでシャドーイング。なるべく暗記してました。
これを数ヶ月続けたら、英語力が格段にアップしました。

英語学習をする上で、指針にしたサイトがあるので、ご紹介します。
英語・発音・語彙/英語耳 です。
読み・書き・喋りと、英語学習全般に関して膨大な方法論を教えてくれます。
ドキュメントの量が多いので、全部読むのは骨が折れました(笑)
この中のParrot's Lawというメソッドは、私も参考にしました。

あとは洋ゲーをプレイするのと、ペーパーバック読書ですね。
やっぱり楽しみがないと。
面倒くさいので、なるべく辞書を引かずにやってました。


反対に、やってはいけない勉強法は、単語帳です。
これは大道芸人で数学者のピーター・フランクルさんも著書で言ってました。
というのも、英語と日本語の単語は、意味が一対一で対応していないんですね。
makeという単語は、和訳するにしても文脈によって千差万別でしょう。

だから英単語は、それが登場する文章とセットにして記憶する。
それも、日本語の文章に訳して覚えるのではなく、英文のまま理解しましょう。
難しいですが、ある英文を読んだときに、脳にダイレクトに入ってくる印象がありますね。
その感覚を大事にしてください。

これは大事なことなのでもう一度言います。
英文を読んだ時、"なるべく"頭の中で日本語に訳さないように。


最後に、英語学習のモチベーションを上げるための最強の自伝をご紹介します。
戦後の日本で英語学校を立ち上げ、生涯を英語の指導に費やした松本亨さんの「英語と私」です。

Matsumoto_Toru

これ、面白いですよ。
留学生として渡米する際に、検便を提出するんですが、当時はボットン便所だったので、自分の部屋の畳に新聞紙を敷いて、そこに脱糞して検便を採取した、とか(笑)
その時、あまりの臭さに涙が出て、「アメリカって残酷」と思ったそうですwww

で、渡米中に第二次世界大戦が勃発して、強制収容所に入れられるんですね。
その時、日本人は自分たちで規律を正して、しっかり生活してた描写があります。
穏やかな雰囲気で、英語ができる日本人もちらほらいて、米兵とも言葉を交わしたりします。
それで米兵は居心地がいい日本人収容所にいたがるんですね。
「ドイツ兵の収容所は隙を見せると殺されそうで嫌だ」とか言って(笑)


以上が、私が今まで通ってきた道です。
これを見た中で、1人でも英語のゲームをプレイしてくれたら嬉しいです。
日本語ローカライズされるのは、今までもこれからも超大作ゲームだけですよ。
だって、マイナーなゲームを日本語化したって、利益は出ませんから。

一方、ゲーム開発者の世界では、インディーズの人たちが作家性の強いゲームを続々とリリースしてます。
これらはとんでもなく自由な発想で作られたゲームが多いんです。


今実況してる「シャーロック・ホームズの遺言」が完結したら、次に実況するゲームはすでに決まってます。
まだタイトルは明かしませんが、これは私が今までプレイしてきた全てのゲームの中で、「一番心に刺さった」ゲームです。
そしてこのゲームは、永遠に日本語化されないでしょう。
これをプレイするには英語を勉強するしかないんです。
皆さんも、この楽しい世界に足を踏み入れてみませんか?

以上、英語学習法と洋ゲーの世界へのお誘いでした(笑)

大好きな歌い手さん

ホームズPart05のうpは再来週になると思います。
ドキュメントの和訳に思わぬ大苦戦中ですw

さて、今回は個人的に大好きな歌い手をご紹介します。
えあろげる」さんです。
以前は「たこす」名義で活動してました。
歌声が綺麗なんですよ。
耳に心地良いというか。

マイリストはこちら



好きな曲を挙げてみます♪










皆さんは好きな歌い手さんいますか?

ホームズ最新作発表キタ~!!

Frogwaresがシャーロック・ホームズシリーズの最新作を制作中だそうです。

「シャーロック・ホームズ:罪と罰」

PC、PS3、XBox360で2014年に発売!
以下はスクリーンショット。

sherlock1

sherlock2

sherlock3

sherlock4

よし、決めた!
2月か3月中にバック・トゥ・ザ・フューチャーの実況が終わったら、次は「The Testament of Sherlock Holmes」を実況する!
本当は後回しにするつもりだったけど、リクエストが多かったし、うかうかしてると最新作が発売されちゃうのでw

ADVゲームのネタ帳

今の時代、アドベンチャーゲームは日本ではマイナーなのかな~と思っています。
インターネットでの情報がとにかく少ない!
そんな状況で、頻繁にチェックしているホームページをご紹介いたします。

4Gamer.net
大手の総合ゲームサイト。
PCのシングルゲームプレイカテゴリをチェックしている。
あらゆるジャンルを網羅しているが、アドベンチャーゲームも特集しているのが嬉しい。
連載コラムで一番オススメなのが「ゲーマーのための読書案内」。
是非一読あれ。
コラムニストの朝倉哲也さんは、かなりアドベンチャーゲームに造詣が深いので、彼のコラムは要注目である

Jack's Junks
個人のゲームレビューサイト
自分の直感に従って、あまり注目されていないゲームもレビューしてくれるので、大変重宝する。
聞いたこともないゲームを知るのは、大抵このサイトから

FPS UnKnown
サイト名の通り、FPSゲームのレビューが中心。
時々ハイセンスなアドベンチャーゲームもレビューしてくれるので、チェックしている。
「FPSリスト」というコーナーでは、近年の名作FPSを紹介している。
おそらく日本で一番、簡にして要を得たFPS紹介かもしれない

Adventure Gamers
海外のアドベンチャーゲーム総合サイト
私の感覚では、レビューの5段階評価はあまりアテにならない
超レトロから最新作まで、情報量が膨大である

Adventure Classic Gaming
海外のADVゲームレビューサイト
サイト名にClassicとあるが、最近のゲームもレビューされている
ここの評価は割と当を得ていると思う
ちなみにここのレビューは全て、世界各国の有志が無償で寄稿している。

PC Adventure Wiki
日本で唯一のアドベンチャーゲーム総合Wiki
私もレビューを書いてます

Lora's Adventure Game Review
海外の個人レビューサイト
ゲーム史上最高の海外アドベンチャーゲームの説明がコンパクトにまとめられている。
結局のところ、何が一番面白いADVなのか知りたい人におすすめ

Frogwares
私が最もプッシュしているゲーム会社
シャーロック・ホームズシリーズのADVゲームを開発している
カジュアルゲームも何作か出しているので、ハマりすぎに注意

【ADV】アドベンチャーゲーム総合スレッド[その7]
今や絶滅危惧種になりつつある、日本人アドベンチャーゲーマー達の交流のための掲示板
ディープな話題に花を咲かせている
スレッドの消化が非常にゆっくりなので、ごくたまにチェックしている


以上が、私がチェックしているADV関連のサイト全てです。
他に「こんなホームページもあるよ」という方がいらしたら、教えて下さいな☆

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

「ホームズvs切り裂きジャック」がXboxに進出!

推理ADV「ホームズvs切り裂きジャック」がXbox LIVEでダウンロード購入可能に

というニュースがFrogwaresのサイトでアナウンスされてました。
PCのアドベンチャーゲームが家庭用ゲーム機で遊べるようになって、このジャンルが盛り上がるといいですね

私はパソコンゲーマーなので、コンシューマのゲーム機からPCにどんどん移植して欲しいです

テーマ : ゲーム雑記
ジャンル : ゲーム