FC2ブログ

2020年インディーゲームアワード受賞作:A Short Hike レビュー

都会のコンクリートジャングルで疲れ切ったペンギンの少女クレアが、叔母さんと一緒にホークピーク州立公園でひと夏を過ごす。
彼女は先祖代々登ってきたという、ホーク山の頂上を目指し、島を探索することに。

島には様々な動物がおり、彼らの頼みを聞いてやることで報酬をもらえる。
「黄金の羽」を集めることで、空中でホバリングできる高度が高くなり、ホーク山登頂の必須アイテムとなっている。

島民とのやり取りはほのぼのしており、アクションゲーム版「どうぶつの森」と言えよう。
プレイ時間はクリアするだけなら1時間半と短いが、全てのイベントを見るのは大変で、特に宝の場所を示す暗号を解くのが難しい。

ほっこりゲーではあるが、空中を滑空するときのスピード感、爽快感は格別。

腐肉の化け物が主人公の『キャリオン』 レビュー



腐肉(Carrion)のモンスターをプレイヤーが操作する、ゲーム史上最も感情移入しにくいキャラクターが主人公のアクション・アドベンチャーゲーム。
パズル要素が豊富で、人間どもとの戦闘は難易度が高い。

この手のモンスター映画で、なぜ怪物はなかなか姿を現さないのか。
もちろん予算の制約もあるが、怪物のひ弱さも要因だった。
兵士の前に突撃すると十中八九、蜂の巣にされてしまう。
従って、天井裏や床下から急襲するのがセオリーとなる。
結果、モンスター映画のようにジワジワ人間達を追い詰めていくスタイルになる。

ゲームを進めるにつれて、怪物のライフ値が増えていき、巨大化してゆく。
ライフ値は三段階に分けられており、各段階で使える特殊能力が異なる。
このシステムが大変にわかりづらい。
ライフ値が満タンの状態で低ライフ値の能力を使いたい場合、あえてダメージをくらうか、ライフ値を一時的に預ける沼に入るしかない。

操作にはクセがあり、触手を伸ばしてマップ上を縦横無尽に移動できる。
死に覚えゲーで、敵の兵士達や破壊兵器の強力さに、モンスターを操るこちらが恐怖することになる。

3時間ほどでクリアできるが、ユニークさでは類を見ない、プレイに値するゲームである。
FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
Youtubeとニコニコ動画で海外ゲームを翻訳・実況プレイしてます。

現在、Patreonというサイトを通じてご支援いただける方を募集中です!
特典もありますので、ぜひよろしくお願いいたします
こちらをクリック!

ニコニコ動画 マイリスト

Youtubeチャンネル
Twitter

カテゴリ
最新記事
検索フォーム