幸せとは「イワン・デニーソヴィチの一日」である

こないだ実家に帰ったとき、父親と「幸せとはなんぞや?」という話になった。
私はメーテル・リンクの「青い鳥」を引き合いに出して、幸福はつかまえたそばから手をすりぬけていくものだと言った。
父は違う考えのようで、ソルジェニーツィンの小説「イワン・デニーソヴィチの一日」の話をした。
この小説は既読だったけれど、”幸せ”という視点では読まなかったので、父の話は意外だった。

で、もう一度読んでみた。
そしたら「ああ、これこそ幸せの定義そのものだ」と思えた。

300ページ弱の短い物語で、舞台はラーゲリというソビエト連邦の強制収容所。
服役囚イワン・デニーソヴィチ(シューホフと呼ばれている)の、ラーゲリでのたった一日の暮らしを描いている。
マイナス40℃の酷寒の中で、過酷な労働をさせられる囚人達の悲惨な物語だが、囚人達はいたって快活で、深刻な雰囲気は無い。

著者のソルジェニーツィンの実体験に基づいているから、生活の内容が真に迫っている。
私も過酷な肉体労働の経験があるので、共感できる部分も多かった。

朝5時に起きて、栄養価の低い粥の朝食を食べ、現場へ赴き、働き、昼飯を食べ、働き、宿舎へ戻り、晩飯を食べ、寝る。
その間、嫌な事件やラッキーな出来事がたくさん起こり、ヘトヘトになったイワン・デニーソヴィチがベッドに潜った所で、この小説が終わる。
最後の主人公の心理描写が胸をうつ。

--------------------------------------------------------
シューホフは、すっかり満ち足りた気持で眠りに落ちた。
きょう一日、彼はすごく幸運だった。
営巣へもぶちこまれなかった。
自分の班が《社生団》へもまわされなかった。
昼飯のときはうまく粥をごまかせた。
班長はパーセント計算をうまくやってくれた。
楽しくブロック積みができた。
鋸のかけらも身体検査で見つからなかった。
晩にはツェーザリに稼がせてもらった。
タバコも買えた。
どうやら、病気にもならずにすんだ。

一日が、すこしも憂うつなところのない、ほとんど幸せとさえいえる一日がすぎ去ったのだ。

こんな日が、彼の刑期のはじめから終りまでに、三千六百五十三日あった。
閏年のために、三日のおまけがついたのだ……
--------------------------------------------------------

今まで幸福について、色んな人間が色んなことを語ってきたが、上の文章は幸せの本質を言い表している。

私は複雑なことは、あえてシンプルに考えたい。
だから次のように定義する。

幸せとは、充足感を感じる一瞬のことである。

一瞬なので、次の日には幸せの感覚は消えているかもしれない。
でもそれでいい。
望むと望まざるとに関わらず、次の日はやってくるので、またやるべきことを片っ端から片付けていくだけのこと。
そうやってる内にまた、ふと充足感を得る瞬間がやってくる。
この連続で、年をとり、死んでいく。
これぞ幸せな人生。

いったい世の中が複雑になるほど、このくらいシンプルに考えた方が気が楽だと思う。

いかにも労働者の人生哲学だけど、いかがだろうか。
共感してくれる人もいるかもしれない。

The Testament of Sherlock Holmes レビュー

2012年にFrogwaresから発売された
The Testament of Sherlock Holmes
をクリアしましたので、ネタバレなしで感想を書きます。

testament_SH

物語は、子供たちが屋根裏で1冊の本を見つける場面から始まる。
そこにはこう記されていた。

「── 私の最も忌まわしい事件を語ろう」

1898年、ある日の朝。
ホームズとワトソンはカニンガム公の屋敷を調査していた。
非常に高価なサモアのネックレスが盗まれたのである。

いつものちょっとした犯罪。誰もがそう思った。
だが、その裏には恐るべき陰謀が隠されていた・・・

~感想~

シリーズの中で一番スケールが大きかったです。
各所で大争論を引き起こした終盤からエンディングにかけては、確かに衝撃展開です。
が、解決編がクライマックスよりかなり早めにあるのはちょっと・・・頭が整理できないよ!

素晴らしいところは沢山あります。
声優が良い!
ホームズとワトソンは前作と同じボイスアクターで、重厚な演技を披露しています。

グラフィックも格段に進化しています。ムービーが多いのは賛否がわかれるところですが。
パズルも面白いものが多いです。

タイトルを日本語訳すると、「シャーロック・ホームズの遺言」
かなり意味深ですね。

結構辛辣にレビューしましたが、それも期待値が高すぎたゆえ!
プレイする価値は十二分にあります!


・・・余談ですが─

英語力がUPしたことで、辞書を引く回数が減って、洋ゲーが俄然楽しくなりました。
苦労せずにスジが理解できるって素晴らしい!
いつか実況するかもしれませんが、新作ですし、今のところ優先度は低めです。

実況をうpするよりも、日本語パッチが来る方が早いかな?w

Frogwaresのシャーロック・ホームズ推理ゲーム最新作!

testament_of_holmes


The Testament of Sherlock Holmes
ついに発売しましたよ~!

Frogwaresのサイトでトレーラーが観られます。
早速購入して序盤をプレイしてるんですが、面白い!

今回は「ホームズとワトソンの信頼」がテーマっぽい。
犯人の手がかりが今のところ全くないので、ほんとに手探りで捜査してる感じ。
謎解きも相変わらず難しいけど、解けたときの爽快感が心地良い。
全体的にシリアスで、ストーリーに力を入れてる印象がある。

あ~、しばらく楽しめそうだ。
もちろんいずれ実況しますよ!

「銃は持ったか、ワトソン?」

久しぶりに泣いた映画

ニコ動でバイオ6のプレイ動画見てる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

最近見た映画で、泣いた映画が2本ありますので、紹介致します。

アーティスト

artist

サイレントからトーキーへ移行しようとしているハリウッド映画界を舞台に、落ち目のサイレント俳優と大人気女優の切ないラブロマンス。
映画館で号泣しましたよ。
映画自体もサイレントで、古き良きサイレント映画へのオマージュが沢山出てくる。
ジョン・グッドマンをスクリーンで見られて良かったw
アカデミー作品賞受賞

最強のふたり

saikyou_no_hutari

フランス人の3人に1人が観たという、実話を基にした人間ドラマ。
半身不随の大富豪フィリップが介護人を雇うため、面接を行う。
そこに失業保険目当てでやって来たスラムの黒人ドリスを、フィリップの気まぐれで雇うことに。
価値観が全く違う二人だが、ドリスの率直(かなり不躾w)な態度で、フィリップに新たな世界観が芽生える。
Earth Wind&Fire の BOOGIE WONDEALAND のシーンで、全身鳥肌が立つほど感激した。
この映画、新宿で観たんですが、立ち見でした!
立ち見なんて久しぶりだ~。もう21世紀だよ?

上の2本は万人におすすめできる映画なので、みなさんも時間があればぜひどうぞ!!!

綺羅星のような映画「英国王のスピーチ」

今年のアカデミー作品賞に選ばれた、実話をもとにしたこの映画。
イギリスの今の女王エリザベス2世のお父さんであるジョージ6世の話です。
彼は5歳の頃から吃音で、ずっと人前でうまく喋ることができなかったんですね。
ところが国王になったら、スピーチが重要な仕事です。
吃音を克服するため、色々な言語療法士の元を訪ねますが、治療の目処はたたないまま・・・
そんな中、若干怪しげな民間療法をしているライオネルに出会う。
彼の型破りな治療によって、徐々に吃音の本当の原因が明るみに出て、克服への道を歩み始めます。

時は、ヒトラーが台頭する第二次世界大戦前夜。
ジョージ6世は、ラジオを通して、国民に開戦を告げる。
彼はマイクに向かって、静かに語り始めた・・・

英国王のスピーチ

~感想~
今年見た中では一番心にくる映画でした。
「ソーシャル・ネットワーク」より良かった。
特にジョージ6世を演じたコリン・ファースの演技は秀逸でした。
納得のアカデミー主演男優賞です。
この役を蹴ったヒュー・グラントは今頃、悔しがっていることでしょうw
地味な映画ですが、しみじみと感動します。
「薔薇の名前」のように

ディズニー究極の進化形:映画「魔法にかけられて」

2007年公開のディズニー映画「魔法にかけられて」を観ました。
久しぶりに誰にでも勧められる満点の映画でした。

魔法にかけられて


ストーリー:
森に住む乙女ジゼルとアンダレーシアの王子エドワードが一目で恋に落ち、結婚しようとするも、エドワードの継母ナリッサ女王が自らの地位を守るために、魔法でジゼルを現代のニューヨークに転送してしまう。
異国の地で途方にくれるジゼルだったが、NYの弁護士ロバートと娘のモーガンに助けられる。
さらにジゼルを追いかけるエドワード王子と、女王の命令でそれを阻止しようとする王子の従者ナサニエルもニューヨークに降り立つ・・・

もしもディズニーアニメの世界の住人が、リアルな実世界のニューヨークに来たら・・・というユニークな設定の映画です。
自分が一番面白いと思ったポイントは、ディズニーアニメの国に住むド単純な娘ジゼルが、ニューヨークの都会生活に慣れていくにつれ、現代人の複雑さを理解していくところです。
私は今、世界史の本を読んでいます。歴史で繰り返されるパターンとして、シンプルな生活を営んでいる蛮族が文明国を征服して支配者側にたつと、急速にその文明に染まってしまうというのがあります。
中国を征服したモンゴル、イタリアを征服して一気にギリシャ化したローマ、わずか数世代で西欧化した日本・・・
一度都会の複雑な生活を味わってしまうと、もう素朴な生活では満足できないということはいえます(もちろん逆のパターンもありますが)。
私は東京に10年住んでいて、福島の田舎に戻るのはちょっとキツいものがあります。新宿から離れたくないですね。

自分たちがこれまで手がけてきた作品のお約束をパロって笑いにするディズニーの手腕はさすがだと感心しました。納得のハッピーエンドもディズニーらしい。
それから、ナリッサ女王を演じてるのがスーザン・サランドンなんですね(;°д°)
スタッフロール見るまで気づかなかった・・・

没入感ナンバー1ゲーム「Call of Duty: Black Ops」感想

プレイ時間は数時間と短めだけど、怒濤の展開の連続で、全く飽きなかった。

ナチスが開発した最凶毒ガス兵器Nova6を巡る、アメリカとソ連の激しい戦いが描かれている。
主人公はアメリカ軍特殊部隊のメイソン。
彼が謎の人物に尋問されている場面から物語は始まる。

CoD_black_ops


ロシア側はNova6を手に入れ、西側諸国に一斉攻撃を仕掛ける計画がある。
その合図となる暗号の数字を、メイソンは知っているはずだという。
だがメイソンにはそんな記憶は全くない。
尋問官はNova6を巡る過去の作戦について問いただす。
徐々に彼の過去が明らかになり、最後には驚愕の事実が判明する・・・

-----------------------------------
とまあ、こんな感じのストーリーです。
英語が聞き取れない部分が多々あったので、ストーリーの要約は正確でないかもしれません。
見所は、メイソンが捕虜収容所で知り合ったロシア人レズノフとの友情です。
普通にジーンとしてしまいました。
最後の最後にドンデン返しが用意されていたり、脚本は練られています。

しかしこの臨場感は凄すぎる。
映画「プライベート・ライアン」みたいに、本物の戦場よりリアルな感じがしました

テーマ : 新作ゲーム
ジャンル : ゲーム

PCゲーム「シャーロック・ホームズとバスカヴィル家の犬」プレイ感想

Frogwares からホームズシリーズの新作が出ました!
BigFish Gamesというダウンロード販売サイトで1198円で絶賛発売中!

17世紀初頭、邪悪なるバスカヴィル家の当主ヒューゴ・バスカヴィルは、自分の妻を惨殺する。
以来、バスカヴィル家の子孫は代々、惨たらしい死を遂げることになった。
伝説では、魔獣のように巨大な犬に喰い殺されたという。

それから165年後、ベーカー街221B番地に一人の男が尋ねてきた。
バスカヴィル家の末裔、ヘンリー・バスカヴィルである。
叔父が惨殺されたのを契機に、ホームズに呪いの謎を解いてもらおうというのだ。
ホームズとワトソンは早速、忌まわしきバスカヴィルの屋敷へと向かうのであった…

<トレーラームービー>


【感想】
寝食を忘れてプレイしましたww
本作は正式なホームズシリーズの続編ではなく、カジュアルゲームの2作目です(1作目は「シャーロック・ホームズ:ペルシャ絨毯の謎」)。
つまりストーリーは添え物で、パズルやHO(Hidden Objectの略で、画面に隠された物を探すミニゲーム)に重きを置いているゲームとなっております。

私はHO大好きなんですよ~!
脳からアドレナリンが出ます。何時間でもやれる
Baskervilles_HiddenObject
画面下にいくつか書かれた物を探してクリックするだけ、というシンプルなミニゲーム。
HOは、海外ではメジャーなジャンルです。

Baskervilles_exploration
ホームズは、ワトソンと依頼人ヘンリー・バスカヴィルと共に、バスカヴィル家の屋敷を探検する。
バスカヴィル家の人々は、本当に伝説の通り、獣犬によって虐殺されたのだろうか?

Baskervilles_Watson
ワトソン:「ホームズ、”論理的”と”悪魔の犬”という単語が同じ文脈に出てきているようだが」

プレイして損はないです!
電子辞書片手に是非!!!

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

小説版「ホームズ対切り裂きジャック」の感想

holmes_vs_jack_novel

河出文庫から出ている
マイケル・ディブディン著 「シャーロック・ホームズ対切り裂きジャック」 を読み終えました。

私は読み始めてすぐに、切り裂きジャックが誰なのかわかってしまいました。
ですが、たとえ真犯人を知っていても、この小説の持つ力が薄れることはありません。
物語の終盤で予想を遥かに上回る展開に度肝を抜かれ、最後の最後で衝撃と共に感動する。
ホームズパスティーシュ(パロディのこと)小説の中で、衝撃度では間違いなく一番でしょう。

私が実況したゲーム版「ホームズvs切り裂きジャック」で見慣れた単語が次々と出てきて、思わずニヤりとしてしまいました。

物語は、アニー・チャップマン殺害事件で世間が賑わっているところから始まります。
つまりホームズ達の捜査は、リズ・ストライドとキャサリン・エドウズの連続殺人事件から幕を開けます。
そして中盤で早くも、切り裂きジャックの最後の犠牲者と見られているメアリー・ジェーン・ケリーの事件が起きます。
そこから急激にストーリーが加速し、ページをたぐる手が止まらずに、3日で読み切ってしまいました。

小説の後半まで読んだ時点での感想は、
 「私は、著者のディブディンを絶対に許さない、絶対にだ」
というものでした。
が、全て読了してしばらくジッと考えていると、
 「ここまで人に衝撃を与えるパスティーシュを書く力は凄い。案外、この小説が、ホームズパスティーシュの最後に行き着く到達点なのかもしれないな」
と思いましたね。

「予想の遥かに斜め上をいく展開」という感想を聞いていたので覚悟はしてましたが、そんな覚悟もぶっ飛ぶくらい常識外れの展開でした。
自分としては、久しぶりに読み応えのある小説を読めて大満足です。

この小説を忌み嫌っている人も沢山いるでしょうけど・・・

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

映画シャーロック・ホームズ感想

2009年制作の映画「シャーロック・ホームズ
監督:ガイ・リッチー
キャスト:
シャーロック・ホームズ/ロバート・ダウニー・ジュニア
ジョン・H・ワトソン/ジュード・ロウ
アイリーン・アドラー/レイチェル・マクアダムス

ホームズとワトソンは、黒魔術に絡んだ連続殺人事件を追っていた。
ようやく黒幕のブラックウッド卿を捕まえ、彼は絞首刑になる。
だが、しばらくして彼は蘇り、新たな陰謀が動き出す・・・
はたして、本当に黒魔術は存在するのか?
ホームズは調査を開始する。

新ホームズ


全く新しい肉体派のホームズでした。
ダメ人間の側面が強調されてましたね。これはこれで面白い。
映画の観客がホームズと一緒に事件を推理するというよりも、ホームズの怒濤の推理をポカーンと観てる、といった感じです。娯楽作品として、ホームズを新たに解釈し直す試みは斬新でいいですねー。
アイリーン・アドラーやレストレード警部やミセス・ハドソン、ワトソンの奥さんのメアリー・モースタンも出てきて、シャーロキアン(ホームズの熱狂的ファンのこと)も楽しんで観られると思います。

それから、フランスのADVゲームサイトに、この映画がFrogwaresのゲーム「Sherlock Holmes: The Awakened」から多大な影響を受けている、という興味深い記事がありました。
私はフランス語は読めませんが、影響を受けている場面の比較写真があったので載せておきます。
(左の写真が映画、右がFrogwaresのゲームです)

比較1
左:映画冒頭のシーン
右:The Awakened Part01の冒頭のシーン

比較2
ホームズとワトソンの下宿の入り口。”221B”番地の表示が見える。

比較3
左:アパートの窓辺にたたずむワトソン
右:The Awakened Part01の冒頭。窓辺にたたずむホームズ

比較4
左:ブラックウッド卿の「まじないの書」
右:The Awakened Part14で手に入れたクトゥルフの呪いの本

比較5
左:ブラックウッド卿の黒魔術の儀式を再現するホームズ
右:クトゥルフの呪いの本に書いてあった儀式を再現するホームズ(The Awakened Part14

比較6
左:ホームズがまじないの書から再現した魔方陣
右:アードナマーカム灯台で行われていた”偉大なる主”復活の儀式(The Awakened Part17

比較7
左:負傷したワトソンの入院部屋
右:ギボンズ医師の診療所(ホームズvs切り裂きジャック Part02

比較8
左:医者に変装したホームズ
右:ブラックエーデルワイス協会で、医者に変装したホームズ(The Awakened Part09

比較9
屠殺場に並んだ豚の頭のカット。右はホームズvsジャック Part18

比較10
ホームズが銃で壁に書いたVR(Victoria Regina:ヴィクトリア女王)の文字。右はホームズvsルパン Part01に出てくる

比較11
左:ホームズがアイリーン・アドラーを尾行したときの変装
右:ホームズvsジャック Part11で、ホームズがホワイトチャペルに潜入捜査したときの変装


どうですか?
ハリウッド映画がFrogwaresのアドベンチャーゲームを参考にしてたなんて、ワクワクする話だと思いません?

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
ニコニコ動画でPCゲーム、
主に海外のアドベンチャーゲームを実況プレイしてます。
ゲームも映画も小説も、実在感の感じられる重厚な作品が好きです。

ニコ動のユーザーページ:http://www.nicovideo.jp/user/7605419

ゲーム実況マイリスト

ニコ動コミュニティ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる