FC2ブログ

白隠禅師展に行って参りました

渋谷のBunkamura Museumで開催されている展覧会
白隠展 HAKUIN 禅画に込めたメッセージ
を見てきました。

hakuin_selfportrait 白隠の自画像

白隠慧鶴(はくいんえかく1685~1768)という禅宗の仏教僧でして、特別な思い入れがあります。
私は仏教や儒教は、キリスト教やイスラム教などの宗教よりも『倫理学』に近いと考えてます。

白隠はかなり情熱的に布教してた人で、生き方に熱いものを感じます。
面白かったのは、彼はダルマさんを度々描いてます。
以下は40代のときに描いたダルマです。

daruma_40

出っ歯で、卑屈な目つきです。
技巧を凝らして、繊細な描き方をしてます。
これに対し、以下は80代で描いたダルマの絵。

daruma_80

技巧を放棄して、好きなように描いてます。
「意図が伝われば良いよ~」とばかりに、開き直ってる感さえ出てます。
こういう年をとって心境が変化する様を、禅画から伺えるのも興味深い点でした。

他にも、弟子に与えた絵に

「どんな事を言おうが、修行して悟りを開かなければ、無駄口になってしまうぞ 
─ さる所の八十二歳のおやぢより」

という意味のことが書かれていて、白隠のおちゃめな性格が出てます。


最後に、好きなエピソードをご紹介します。

ある時、ある女性がこっそり子供を産みます。
両親に言いづらかった女性は、両親は白隠の信者で大ファンだから、白隠の子供ということにしたら許してくれるだろう、と考えました。
その旨を親に告げると、案の定激怒し、白隠の所に行って「あんたが責任を取って育てろ」と子供を押しつけます。

白隠は顔色を変えず、弁解もせず、それ以来赤ちゃんにもらい乳をして、民家を渡り歩く毎日。
当然、今まで高潔な禅僧として知られていた白隠の評判はガタ落ちです。
この有様を見た女性はたまらず、両親に嘘を言った旨を打ち明けます。
両親は驚き、白隠にスライディング土下座して、子供を引き取ります。

女性が真実を打ち明けたからよかったようなものの、もし一生黙っていたら、白隠は好色な僧だとのレッテルを貼られたままだったでしょう。

自分の心がしっかりしてるなら、世間の評判や、人からどう思われようと構わない。
この猛烈に自分指向な心が、白隠の魅力ですね。
FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
Youtubeとニコニコ動画で海外ゲームを翻訳・実況プレイしてます。

現在、Patreonというサイトを通じてご支援いただける方を募集中です!
特典もありますので、ぜひよろしくお願いいたします
こちらをクリック!

ニコニコ動画 マイリスト

Youtubeチャンネル
Twitter

カテゴリ
最新記事
検索フォーム