48時間でゲームを作れ!激おもしろドキュメンタリー 『Super Game Jam』

Super Game Jamというドキュメンタリー番組がsteamでダウンロード販売されてて、試しに買ってみたら面白かった!

互いに初対面のインディーゲーム制作者がペアを組み、出されたお題に従って48時間でゲームを作るという、ほとんど無茶ぶりに近い内容(笑)
30分番組で、全5回。
どのクリエイターも個性的で、心からゲーム作りを楽しんでるのが伝わってくる。

たいがい最初の2時間くらいはディスカッションをしてゲームの方向性を決め、一方がコーディングを、他方がグラフィックやサウンドを担当し、あとはひたすら作り続ける。
しかも完成したゲームをプレイすることもできるんです!
まあ48時間で作ったので粗削りではありますが、2日間でよくここまで形にできたな~と感心します。

で、なぜ記事のタグを"Hotline Miami"にしてるかというと、なんとエピソード4ではこのゲームの制作者にしてDennaton Gamesの創設者ジョナサン・ソダーストロム氏が参戦してるんです。
すごく物静かで、初めは「これ、大丈夫かな…」とこっちが心配してしまうほどでしたが、最終的には実力がハンパないことが証明されます。
プログラミング担当ですが、ちゃんと相方の話を聞き、口を開く時は必ず重要なことしか言わないという、ゲーム制作者の鑑のような人でした。
作り上げたゲームの完成度も、5つのエピソード中で一番高いんじゃないでしょうか。
途中でDennaton Gamesのもう一人の創設者デニス・ウェディン氏がゲームパッドを持ってくるんですが、2人のディスカッションに加わってきて、「おまえそれルール違反だろ!」と突っ込みそうになりました。

このドキュメンタリーを見ると、ゲーム作りっておもしろそう…と思い込んでしまいそうです。

gdc2013_cactus_hotline-miami.jpg
神クリエイター:ジョナサン氏のご尊顔

続きを読む