バック・トゥ・ザ・フューチャー実況 Part16

マーティと目を覚ました市民ブラウンは、今一度1931年に戻る。
エドナとの結婚を阻止して、悲惨な未来を元に戻すために。



年取ったエドナは漫画チックなわかりやすい悪役ですが、本当にこんな人がいるから困ります。
宗教やってる人に多いです。
「ジーザス・キャンプ」や「アホでマヌケな大統領選」といったドキュメンタリー映画に、この手の人物が出てきます。
空恐ろしくなってきますよ。


ところで、シャーロック・ホームズの秀逸なドキュメンタリーをニコ動で見つけたので、ご紹介します。



ホームズ引退後のある日、シャーロキアン(ホームズファンのこと)達が集まり、ワトソンの思い出話を聞くという趣向で話は進んで行く。
語り部のワトソンを演じるのはなんとデビッド・バーク!
2代目エドワード・ハードウィックもいいけれど、やっぱり私はバーク派ですね。
ホームズは色んな人が演じてもいいと思いますが、私の中ではワトソン=デビッド・バークです。

貴重なコナン・ドイルのインタビュー映像を見ることができて嬉しかったです。
ホームズのモデルになった、ドイルを指導した大学教授のエピソードなど、興味深い話題が尽きません。

あと面白かったのは、研究者が概算した、ホームズの知能指数。
なんと200近くあるみたいです!
ワトソンは医学博士なので、130はあったみたいです。
作中でワトソンはミスリードしたり、愚かなイメージを持たれがちですが、ホームズと比べるからマズいのであって、一般人に比べたらワトソンは頭一つ飛び抜けています。

ワトソンをなめたらいかんぜよ!ということですねw

「ゲームはこれからですぞ!」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実況動画の投稿お疲れ様です!
続きが気になります~、
でもろへいさんの喋りが少ないから寂しかったです。

ホームズの動画紹介ありがとうございます!
たまりませんなぁ!!
バークさん、さらに素敵なワトソンになってましたね^^
個人的なことですが、子供のころは目立つホームズ>ワトソンだったけど、
大人になってみると、ワトソンは記憶力に優れ常識や文才もあり、
優しく紳士的、勇敢で実直な縁の下の力持である(もっと表現したいです;)と見直しました。
何よりホームズとの信頼感や友情を誰よりも持っていますよね。
そういう関係性がきちんと見えるので、二人の活躍がより一層輝いて見えます^^

ホームズのモデルははっきり述べられましたが、ワトソンのモデルはいるんでしょうかね?

長くなってすみませんでした…。

Re: No title

> kiriko0oiz さん

どもです~。
花粉症で、頭が朦朧とした中で実況してましたw

ワトソンは、推理力ではホームズに劣ってるけど、社交性などの人間力に関しては圧勝です。
心が広いからこそホームズみたいな奇人と親友でいられるんですねw

原作の挿絵で、ホームズとワトソンが腕を組んで歩いてる場面があって驚いたんですが、19世紀ロンドンでは当たり前のことだったようです。

ワトソンのモデルは、「サミュエル・ジョンソン伝」を書いた伝記作家のボズウェルだと言われてます。
サミュエル・ジョンソンは辞書を作った人で、ボズウェルは彼に心酔して、会話を逐一メモして伝記としてまとめました。
この伝記、面白いですよ。細かい会話まで一々記録してるので、まるで自分がジョンソンと話してる気分になります。

あと私が個人的に、ワトソンとオーバーラップする人物が、モンティ・パイソンのマイケル・ペイリンです。
イギリスで一番の好人物。
多分、ワトソンはこんな感じの人だったんでしょうね。