バック・トゥ・ザ・フューチャー実況 Part25

最後の最後までエドナはやらかしてくれますw



エドナが救われる時は来るんでしょうか…


さて、今パートではタネン一族のボーレガード・タネンが登場します。
さりげなく、メンタルメーターの写真で既に出てきました。
ちなみに映画版Part3のマッド・ドッグ・タネンとは違うタネンですよ。

tannen2

ボーレガードは南北戦争時代に、南軍の将軍でした。
アニメ版バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てきた悪役です。

"Brothers"というエピソードです。
ストーリーをご紹介します。



1864年2月、南軍は北軍とのチャタヌーガの戦いを2週間後に控えていた。
そんな中、南軍の将軍ボーレガード・タネンの前に突然、デロリアンを盗んだヴェルヌ・ブラウンがタイムスリップしてくる。
ボーレガードはヴェルヌを北軍のスパイだと判断し、南軍の制服を着せてドラムを叩かせた(戦争では目立つドラム隊が狙われやすい)。

tannen1

マーティ、ドク、ジュールはヴェルヌを助けに、タイムトレインでこの時代にやってくるが、戦争当日、ヴェルヌとマーティは、北軍に向かって行進させられる。
ドクの電磁石装置で双方の軍隊の武器を無力化するものの、結局は一触即発になってしまう。
まさに両軍が激突しようとする時、戦場の真ん中にヴェルヌが投げ出される。
彼を必死でかばうジュール。

兄弟愛に心を打たれ、両軍とも衝突をやめる。
この光景を見たボーレガードは、北軍の将軍ユリシーズ・S・クレイトンと休戦協定を結ぶ。
その後、マーティ達はタイムトレインで元の時代に戻るのであった…



どうですか。アニメ版も面白そうですね。
ボーレガードは、凶暴なタネン一族の中でもおとなしい方です。

ちなみにその後のいきさつはこうです。
1865年に南軍が敗北してから1876年まで、ボーレガードは一般市民として生活してました。
南軍の元将軍は兵役にも公職にもつけなかったからです。
成功するためには、ビジネスしかないと、タネンは考えました。

どうにかして大金を得たボーレガードは、1876年にヒルバレーにやって来ます。
土地を買い、酒場をオープンするために。


さあ、次はいよいよ最終回!
心して待たれよ!

コメントの投稿

非公開コメント