シャーロック・ホームズの遺言 実況プレイ Part09

毒物の線を洗う



今作のキーパーソンの一人、ハンス・シールマンが登場します。
悪の化身ですね。

動画の後半にウィリアム・トパーズ・マクゴナガルの詩が出てきますが、解説致します。


●ウィリアム・トパーズ・マクゴナガル:

『史上最低の詩人』としてギネスブックに記載されていて、イギリスでは有名。
ハリー・ポッターシリーズのホグワーツ魔法魔術学校 副校長ミネルバ・マクゴナガルの名字は彼からとられた。
アイルランド人で、ヴィクトリア朝時代の三文役者で自称詩人(1902年没なので、本作の事件の4年後になくなっている)。

William_McGonagall
詩人界のエドウッド:ウィリアム・トパーズ・マクゴナガル

で、本パートで出てくる詩は、彼の代表作「テイ橋の惨事(The Tay Bridge Disaster)」からの抜粋。
テイ橋は、スコットランドのテイ湾に架かる、全長3kmの鉄道橋である。
1878年完成時には世界一長い橋だった。

1879年12月28日の夜、嵐の強風のため、橋の中央が走行中の列車を巻き込んで崩壊し、75名が死亡した。
事故後の調査で、設計の段階から欠陥があり、更に酷い手抜き工事だったことが判明。
60トンの荷重に耐えられるはずが、たった20トンで破損することが証明された。
この橋脚は今でも見ることが出来る。

Tay_Bridge_Down
崩落したテイ橋

19世紀の都市伝説で、面白いものがある。
資本論を書いたカール・マルクスはこの列車に乗るはずだったが、病気のため乗車しなかったという。

2代目テイ橋は1887年7月13日に開通し、120年以上経過した現在も用いられている。

Tay_Bridge_from_Law
現代のテイ橋

また、テイ橋とは直接関係ないが、1890年にスコットランドのエディンバラ近郊のフォース湾に架かるフォース鉄道橋が竣工した。
テイ橋の崩落事故の教訓を活かし、51000トン以上の鋼鉄が使われ、「鋼鉄の怪物」と呼ばれた。
これらの鋼鉄を繋ぎ止めるために800万個のリベットが使用されたことから、いつまでたっても終わらないことを例えて「フォース橋にペンキを塗る(Painting the Forth bridge)」 という言い回しがある。
この橋も、完成後120年以上たった今でも現役で使用されている。

forth_bridge
"鋼鉄の怪物"フォース橋

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ろへいさん、はじめまして。最近ニコニコ動画でろへいさんの動画を拝見させていただいています。
アドベンチャーゲーム好きなのでどの動画も本当に面白いです!ろへいさんの素晴らしい和訳と楽しいお話、素晴らしいゲーム内容に時間も睡眠も忘れて連続視聴中です^^
自分は、幼少期にNHKシャーロックホームズの冒険を見ていたような記憶があるのですが、すでに忘れかけていて、ろへいさんの動画やブログでドラマの話題が出るとすごく見返したくなっています。近いうちに最初から見ようと思います。あと、原作も小学校の図書館で読んで以来数十年ぶりに読みかえそうと思い買ってきました。しばらくホームズ漬けの日々になりそうです^^
現在UPされている「シャーロックホームズの遺言」実況も楽しみにしています♪

Re: はじめまして

> けんけんさん

はじめまして、御視聴ありがとうございます!
アドベンチャーゲーム、いいですよね♪
ADVはギャルゲーだけじゃないんだぞ!という事を広く世に知らしめるべく、日夜 布教に努めております(笑)

私はドラマ版ホームズの、デビッド・バークのワトソンが大好きなんです^^
理想の英国紳士ですよね。

それでは、完結までよろしくお願いしますね♪