シャーロック・ホームズの遺言 実況プレイ Part18

本作で一番複雑なパズル回



ロケハン頑張ったんで、みんなついてきてね!
この手の人名割り当てパズルはホームズvsルパン実況Part17でも出てきました。
棚の取っ手を見つけるだけで丸々1パート費やすとかw



教室にかかってる肖像画の中で、マイケル・ファラデー(1791~1867年)の解説を忘れていました。

というわけで、ファラデー伝説を列挙します。

・イギリスの化学者・物理学者で、最大の業績は電磁誘導(磁場が変化すると導体に電圧が生じる現象)を発見したこと
・アインシュタインは壁にファラデーの肖像画を貼っていた
・静電容量の単位「ファラッド (F)」と、1モルの電子の電荷に相当するファラデー定数にも名を残している

・鍛冶屋の息子で、全く教育を受けていない
・14歳で本屋の年期奉公に入り、本を読みまくる。この7年間で電気に強い興味を抱く
・奉公先の同僚が画家志望で、ファラデーにデッサンを教え、マスターした。なので絵が半端なくうまい
・20歳で哲学協会の勉強会に参加
・著名な化学者デービーの講演に足繁く通い、講演録をノートに300ページも取った
・そのノートをデービー本人に見せて感心され、助手にしてもらう。念願の化学者の第一歩へ

・電磁誘導を発見しても数学の知識がなく、定式化できなかった。後年、マクスウェルが定式化を達成する
・灯台建設などの国家プロジェクトにも関わった
・1851年ロンドン万博で、計画立案と評価に参加
ホームズvsルパンPart02の舞台となったナショナル・ギャラリーの運営委員会の委員も務めた
・工場やテムズ川の汚染問題についても調査し、環境学に先鞭を付けた

・名誉欲に乏しく、一生ナイトの称号を拒否し続けた
・アルバート公(ヴィクトリア女王の夫)の申し出で、晩年は無料でハンプトン・コート宮殿に住んでいた
・クリミア戦争で政府から化学兵器を作る依頼がきたが、机をたたいて「作るのは簡単だが、絶対に手は貸さない!」と叫んだ
・ファラデーの名を冠した通りはイギリス・フランス・ドイツ・カナダ・アメリカにある

教育を受けていない人物が努力と好奇心だけで「史上最も影響力を持った科学者」と呼ばれるようになったとは、痛快な話ですね。

Michael_Faraday
ファラデーの肖像画。ぐうイケメン

コメントの投稿

非公開コメント