The Cat Lady 実況プレイ Part02

プロローグ終了
この世とあの世の境目から脱出



早速グロいシーンですが、こんなのはまだライトな方です(と、脅してみるw)。
これからもっとショッキングな場面が続きます。
ただグロテスクなだけでなく、精神的・生理的にクる場面が…(と、更に脅してみるw)。

次回からは死の淵から生還したスーザンの現実の物語が始まります。
寄生虫とはいったい誰なのか?
彼らを倒せばどうなるのか?
お楽しみに…



武蔵野美術大学美術館で13人のドイツ・コミック作家展を見てきました!
私は大衆コミックの外にある「オルタナティブ・コミック」というジャンルが好きなんです。
娯楽のコミックと違って、内面の問題を扱ったアート寄りの漫画だと思ってください。
日本でいうと、ガロ系の漫画がそれに当たります。

gc
ヘタウマな絵柄が多い

和訳されてない秀逸なコミックは、まだまだ世界中にたくさんあるんだな~、と感じましたね。
もっと英語を勉強して、他のヨーロッパ言語にも手を広げたい!

オルタナティブ・コミックの話も、このブログでちょくちょくしていきたいです。
日本の週刊コミックしか読み慣れてない人には衝撃の世界ですよ(私もかつて衝撃を受けた一人です)。

しかし展示を見てつくづく思ったんですが、ドイツって頭でっかちですねw
理論派というか…
最近、美術史を勉強していて、20世紀初頭のドイツ表現主義もかなり理屈っぽい。
表現主義というのは、絵は対象をキャンバスに映し描くのではなく心象風景を描くものだ、という芸術運動です。
だからデッサンなんて必要ないし、作品によってはチンプンカンプンなものもあります。
私は嫌いですw

marc
ドイツ表現主義の巨匠マルク。内面の激しい情動を表現したそうな(意味不明)

私が好きなのは、デッサンの鬼が描いたようなスーパーリアリズムです。
だからノーマン・ロックウエルが好きなんです。

で、ドイツ・コミック作家も絵は下手な人が多い。
しかし猛烈に描きたい主題があるから、妙な迫力があるんです。
そしてその主題は暗い(笑)。

こういうのを見ると、日本の漫画は画一的になりつつあるな~、と暗澹たる想いに駆られます。

漫画にもっと幅を!広がりを!
(自分で描けばいいんですけどねw)

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
ニコニコ動画でPCゲーム、
主に海外のアドベンチャーゲームを実況プレイしてます。
ゲームも映画も小説も、実在感の感じられる重厚な作品が好きです。

ニコ動のユーザーページ:http://www.nicovideo.jp/user/7605419

ゲーム実況マイリスト

ニコ動コミュニティ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる