The Cat Lady 実況プレイ Part12

サイコパス夫妻の屋敷を探索。
まるでエド・ゲインやジェフリー・ダーマーの家ですよ…



今回の寄生虫は、殺人鬼っぽい殺人鬼ですね。
人肉を食べるなど、映画や小説でおなじみのシリアルキラーといった感じです。
夫婦揃ってというのが更に常軌を逸していて、雰囲気を盛り上げてます。

今パートでは復讐のための材料を揃え、次回で人誅を加えます。
殺す方法は、ミッチとの話から想像つくと思いますが…

乞うご期待!



世田谷文学館で開催している「幸田文 展」に行って参りました!
「こうだ あや」と読みます。文豪、幸田露伴の次女です。
自筆原稿や愛用の品が展示されてました。

幸田文_展

溺愛されていた姉と弟(共に夭折)の間で不遇な人生を歩んできた彼女は、文筆で生計を立てていくつもりはまったくありませんでした。
露伴が亡くなった後、父の回想録を依頼され、小学校以来の作文をものします(そのとき彼女は40代!)。
これが好評で、以後エッセイや小説を次々に発表。人気作家となります。

私が幸田文を好きなのは、自伝的小説「おとうと」を読んでボロ泣きしたことがあるからですw
映画で感動することはしょっちゅうですけど、本を読んで泣いたことは殆どありません。

彼女は前半生を家事と父の世話に捧げ、文章の訓練を受けていたわけではないので、「書けるまでひたすら観察する」というスタイルを貫いています。
このおかげで、本当にこの人は、自分の内から沸き上がってきた自分自身の言葉で書いてるんだな、と彼女の文章を読んでると感じます。

ちなみに私が読んで泣いた小説はこちら↓

・幸田文 「おとうと」
・ホーソーン 「大いなる岩の顔」
・宮沢賢治 「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」

皆さんは、どんな小説で泣きましたか?
おすすめありましたら教えて下さい♪

コメントの投稿

非公開コメント

No title

殺人鬼夫婦の館、見れば見るほど踏み込みたくない気持ち悪さで、早くもスーザンに期待しかありませんw

しかしまさかスーザンのノリツッコミが見れるとは!

そして泣いた小説、いろいろありますが内田百間の「ノラや」は、猫好きなら涙なしには読めませんでした。
キャットレディとも猫つながりなのでぜひお暇な時にでもどうぞ。文体も読みやすく、1日あれば読めるボリュームです。

Re: No title

> 赤さん

ノリツッコミは意訳にもほどがあるんで怒られそうですけどねw

内田百閒ですか!読んでみます。
情報ありがとうございます(^^)

シリアルキラーが出てくる作品って、なぜか興味があります。ニコニコ動画でディスカバリーチャンネルの犯罪心理学の番組を一時期見まくってました。一般人とはかけ離れた感性をもっているからでしょうか。

固い文学で泣いたことは無いですが、泣かせようとする意図が丸見えの小説で見事に号泣しますね(笑)浅田次郎さんの天切り松シリーズとか。

幸田文は未読です。おとうと、読んでみます。
詩はお読みになりますか?萩原朔太郎とかいかがでしょう。

Re: タイトルなし

> きっちょさん

殺人鬼に興味を持つのは普通のことだと思いますよ。
自分とは異質な人間の精神構造を知りたいというのは自然な知的欲求かと存じます。

> 泣かせようとする意図が丸見えの小説
あ、そういえば私もリリー・フランキーの「東京タワー」でボロ泣きしましたw

詩はあまり読んだことないです。
読めばハマるのかもしれませんが…

No title

いつも実況楽しみに拝見しています。ろへいさんは、人間的にも知的にも厚みのある方というふうに動画やブログで御見受けしました。うらやましい限りです。
私は、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」で泣きました。まるで自分のことをそっくりそのまま書かれているような気がしたもので。
話は違いますが、映画では、Ashton Kutcher主演のButterfly Effectが、自分の体験とかぶって泣けました。
これからも、実況楽しみにしています。
毎回スーザンの決め台詞楽しみにしています。

Re: No title

> usagiさん

「車輪の下」は私も読みました。
そう!自分の心境と被ると泣けますよね~。

バタフライ・エフェクトはまだ観てません。
泣けるんですか!早速、観てみますね♪

No title

何回もコメすみません。
butterfly effectは、感動してさわやかに泣ける系ではないので一応用心してください(笑)。人生には自分の力ではどうすることもできないことが存在するのだと言う体験をしたことがある人には悲しい物語だと思います。

ろへいさんが、美術展や書籍の感想、お勧めの店などをブログで紹介してくださるのも、実況と同様、楽しみに拝読しています。パニック障害があって、どこも行くことができないので、かわりに楽しんでいます。ありがとうございます(笑)

cat lady のようなゲームをやったり見たりして、私たちが魅了されるのは、やはり現代の社会のシステムが、正義から遠く、まじめに生きたものがバカを見るシステムになっていることに関係するのではないでしょうか?そういう社会をスーザンが成敗してくれる水戸黄門みたいなゲームだと思います。イギリスの水戸黄門、いいですね。
これから、週末にUPされたのをたのしみにみてきます。

Re: No title

> cat lady のようなゲームをやったり見たりして、私たちが魅了されるのは、やはり現代の社会のシステムが、正義から遠く、まじめに生きたものがバカを見るシステムになっていることに関係するのではないでしょうか?

そうですね。社会での生き方の選択肢があまりにも少ない閉塞感と、The Cat Ladyの熱狂的な人気は無関係ではないと思います。
最近「人間を幸福にしない日本というシステム」という名著を読んで考えさせられるところがあったんですが、社会の枠組みから一歩外に出て、自由に生きるのは難しいことですね。

スーザンは悩めるアウトサイダーですから、共感する人も多いことでしょう。
FC2カウンター
プロフィール

Author:ろへい
ニコニコ動画でPCゲーム、
主に海外のアドベンチャーゲームを実況プレイしてます。
ゲームも映画も小説も、実在感の感じられる重厚な作品が好きです。

ニコ動のユーザーページ:http://www.nicovideo.jp/user/7605419

ゲーム実況マイリスト

ニコ動コミュニティ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる