シャーロック・ホームズ:罪と罰 Part04

ウッドマンズ・リーを徘徊していたふてぶてしい男が、スコットランドヤードに拘束される。



ウィギンスが登場しましたね~。
浮浪児で構成されるベーカーストリートイレギュラーズ(邦訳では「ベーカー街遊撃隊」)のリーダ的存在です。
ホームズ曰く、「人は警官の制服を見ただけで口を閉ざしてしまうが、少年たちには気を許すので彼らはどこへ行っても秘密を探ることができる」
というわけで、ちょいちょいホームズに人探しなどを依頼されてます。

Frogwaresのホームズシリーズでは、ウィギンスは「The Awakened」で初登場しました。
新聞の売り子をしていて、特に活躍はしませんでしたが、オッサン声でインパクトだけを残しましたねw

awakened_wiggins

その後「切り裂きジャック事件」で再登場、見た目通りのショタ声に変更され、ホームズの力になってました。

ripper_wiggins

前作「ホームズの遺言」では殺された司教の甥の住まいや、ロシア三兄弟の潜伏先を突き止めるという、非常に重要な働きをしました。
あとなぜかオッサン声に戻ってましたw

testament_wiggins

そして今作では成長して、なんだか小汚くなりました(笑)
ストリートチルドレンなので当たり前ですが。
文字も読めないみたいです。

ついでに言っておきますが、今回バーンズは登場しません。あしからずw

コメントの投稿

非公開コメント