シャーロック・ホームズ:罪と罰 Part13

「事件3:血の浴室」開始でございます!
全部で8パートあります。つまり解決編はPart20です。



今回は、最初から容疑者が3人います。
証拠を集めて犯人を特定するタイプの事件ですね。
私は初見プレイ時はハズレでした。皆さんも推理してみて下さい。
至るところに伏線が張り巡らされていて、全てが繋がっています。

推理のポイントは、もちろん「消えた凶器」です。
凶器が判明すれば、おのずから犯人もわかるようになってます。
「ストランド・レインの大浴場」について解説します。
ストランド・レイン5番地で発掘されたので、そのように呼ばれています。

これは実在する遺跡でして、今でもガラス越しに見学できます。
道順はこちらのサイトで紹介されてました。

strand_lane_1910_2010

上の写真は、外から浴場を覗ける場所の1910年と2010年の外観です。
そして鉄柵の向こうにあるガラス窓から覗くと、下のような発掘跡を見ることができます。

Roman_Baths,_Strand_Lane

今回の動画でも説明しましたが、この浴場は古代ローマ時代の遺跡であるとして、19世紀末には一般公開されていました。
長年そう信じられていたわけなんですが、最近の研究ではどうやらチューダー王朝時代の建築物だという説が有力なようです。
つまり15世紀末~17世紀初めのどこかで建てられた可能性が高い。
古代ローマ様式を取り入れた、ずーっと新しい浴場だったんですね。

Drawing_of_Roman_Bath_in_the_Strand_1841

上図は一般公開時に画家が描いたストランド・レイン浴場のスケッチです。
想像で描いた古代ローマ時代の入浴図もあります↓

Roman_bathing

そして今回の「血の浴室」事件の舞台は、”ストランド・レイン大浴場”という名前だけ借りた別物だと思って下さい。
本物の発掘跡の写真はわりとショボい(失礼)ですが、本作の大浴場は古代ローマ気分を味わえる一大テーマパークの様相を呈しているので。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-6114336639924895"
data-ad-slot="3942474567">


コメントの投稿

非公開コメント