シャーロック・ホームズ:罪と罰 Part16

キョドりすぎのガロウを問い詰める。
動画の後半ではロドニー卿が訪れたセント・オールバンズの発掘跡を調査。
重要な文書がバンバン出てきます。
ロケハンに時間が掛かったのは、大量のドキュメントを翻訳してたからです。



証拠品の取り忘れをするとは、うっかり過ぎますねw
各事件は通しの一発録りです。つまり3時間ぶっ通しで実況してるんです。
段取りを書いたカンペはありますが、画面を見てなきゃいけないので、基本的にはおぼろげな記憶を頼りにプレイしてます((笑)。
集中力も切れてきて、ミスも出るってなもんです。

じゃあ細切れに録ればいいじゃん、と思うかもしれませんが、それだと段取りを忘れちゃいます。
時々無言になって動きが止まることがありますが、それは段取りをド忘れしてるからです(笑)。
あぁ、記憶力が欲しい…

ちなみに今パートで出てきたガロウの魔除け"ハムサ・ハンド"ですが、イスラム圏では「ファティマの手」と呼ばれています。
ファティマは、イスラム教の開祖ムハンマドの娘の名前です。

hamsa_hand
近年、少人数で制作する「インディーゲーム」というジャンルが、主にPCゲーム界で注目を集めています。
そんなインディーゲームの制作者達の悲喜こもごもを描いた「Indie Game: The Movie」というドキュメンタリー映画を観ました。
日本語字幕もあるみたいです。

映画なのにゲーム配信サイトSteamで購入できます。

3本のゲーム Braid,Super Meat Boy,FEZ の開発者達が出演してます。
どれも大好きな珠玉のゲーム達です。
私は2Dと3Dを切り替えてアイテムを集めるほのぼのアクション FEZが一番好き。

fez

このドキュメンタリーでは皆、経済的な不安を抱えながらゲーム作りに没頭していて、胸が熱くなります。
特にジーンときたのは、カジュアルアクションゲーム「Super Meat Boy」の制作者の次の言葉。

「子供達が夜を徹して俺たちのゲームのリリースを待ちわびて、学校を休んでプレイして、このゲームがたった2人で作られたなら僕たちにもできるかも、と思ってもらえたら最高に幸せだ」

ゲームに巨額の開発費を投じて超大作を制作するのは、「Call of Duty」シリーズあたりで頭打ちではないでしょうか。
そこを乗り越えてゲームというメディアを進化させていくには、独創的なアイデアしかないような気がします。
そう考えれば、インディーゲームには無限の可能性があります。
このジャンルからは目が離せません

indie_game_fez
FEZを開発中の光景

コメントの投稿

非公開コメント

良さそうで、インディーなゲーム。
FPS、というより一人称視点のゲームが割りと好きなんですけど、今は海外の方で求めれそうですね。
FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
ニコニコ動画でPCゲーム、
主に海外のアドベンチャーゲームを実況プレイしてます。
ゲームも映画も小説も、実在感の感じられる重厚な作品が好きです。

ニコ動のユーザーページ:http://www.nicovideo.jp/user/7605419

ゲーム実況マイリスト

ニコ動コミュニティ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる