ホームズvs切り裂きジャックを実況プレイ Part25

さんざん引っ張ったあげく、ようやくタンブルティー登場w
アッー!な持論を展開する。



~和訳こぼれ話~

前回の記事で、字幕を付けるときは意訳する、という話をしました。
これに関連して、よく思い出すエピソードがあります。

夏目漱石が英語の先生をしていたときのこと。
生徒の一人が ”I love you.” を「我君ヲ愛ス」と直訳したのに対して漱石はこう言いました。

日本人はそんな不躾なことは言わない、
この和訳は 「月が綺麗ですね」 だ!

なるほど、当時は「愛してます」と言うと直球すぎたのかもしれません。
たとえ文化の違う国の言葉でも、和訳する際は日本の文化に合わせる、という気迫の感じられるエピソードでした。
私も漱石を見習わなければ・・・
まだまだ訳を洗練する余地があります

コメントの投稿

非公開コメント