シャーロック・ホームズ:罪と罰 Part40

最終回。
最後に残った仕事を片付けた後、マイクロフトとロシア文学談義をする…



半年の長きに渡りご視聴いただき、本当にありがとうございました!
無事、完結できてホッとしてます(笑)

このゲームは最後に犯人を有罪にするか無罪にするかという判断や、誤った人物を犯人と断定してしまったり、バッドエンドなど、無数のエンディングが存在します。
その辺が気になる方は、Steamで日本語版が販売されてるので、そちらをプレイしていただければと思います。
ただ、この日本語ローカライズは直訳や意味不明な訳が多く、あまりにも酷いですが…

本作では、以下の6つの事件を解決に導きました。
① ブラック・ピーターの運命
② 線路上の謎
③ 血の浴室
④ アビー荘園の出来事
⑤ キュー・ガーデンのドラマ
⑥ 半月夜の散歩

この内①と④はコナン・ドイルの原作を脚色した事件です。
皆さんはどれが印象に残ってます?

私は「血の浴室」ですかね~。
古代ローマのミトラ教の秘宝にまつわる殺人事件ということでスケールが大きく、ダシール・ハメットの小説「マルタの鷹」を彷彿とさせて面白かった。

スタッフロールでも触れましたが、本作を手がけた会社Frogwaresはウクライナにあるんですね。
ヴィクトリア朝時代の英国の時代考証が完璧なので、開発者はイギリス人だと思った方も多いんじゃないでしょうか(私もその一人です)。

本当にこれからも要注目のゲーム会社であります。
現在、名作ホラーゲーム「クトゥルフの呼び声(Call of Cthulhu)」のリメイク版を製作中ということで、楽しみですね♪
たまには実況の裏側をお見せします。

画質を落とさないために、とにかく動画の尺を短くする必要があるんですが、そのためには入念なロケハンが不可欠です。
最短の手順で、視聴者がなるべく納得できるような流れをまとめたカンペを用意し、その段取りをチラ見しつつ実況してます。
これがないと間違いなくグダりますが、カンペをガン見してたらゲーム画面がおろそかになるので、難しいところです。
カンペに書いた自分の文字が汚すぎて読めないこともしばしばあります(笑)

カンペと印刷した和訳ドキュメント類は実況が終わったら捨てるんですが、せっかくなのでこの場を借りて公開してみます。
大量にあるので、努力の跡を認めていただければ嬉しいですw

① ブラック・ピーターの運命

CP1-2.jpg

CP1-3.jpg

CP1-1.jpg CP1-4.jpg

② 線路上の謎

CP2-1.jpg

CP2-2.jpg

CP2-3.jpg

CP2-4.jpg CP2-5.jpg

③ 血の浴室

CP3-1.jpg

CP3-2.jpg

CP3-3.jpg

CP3-4.jpg

CP3-5.jpg

CP3-6.jpg CP3-7.jpg

CP3-8.jpg CP3-9.jpg

CP3-A.jpg

④ アビー荘園の出来事

CP4-1.jpg

CP4-2.jpg

CP4-3.jpg CP4-4.jpg

⑤ キュー・ガーデンのドラマ

CP5-1.jpg

CP5-2.jpg

CP5-3.jpg

CP5-4.jpg

CP5-5.jpg CP5-6.jpg

CP5-7.jpg

⑥ 半月夜の散歩

CP6-1.jpg

CP6-2.jpg

CP6-3.jpg

CP6-4.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完結おめでとうございます!
短編集のような構成、マルチエンディングなど新しい要素が盛りだくさんの今作、コメントの皆さんの選択も興味深く、楽しく拝見させていただきました。
実況の裏側、すごい量ですね!ろへいさんが入念なロケハンをされているのは存じ上げておりましたが、カンペもこれほどだったとは!ww本当に頭が下がります。
お疲れ様でした。次回作を楽しみにしています。

No title

完結、お疲れ様です。発売当時、ゲームをクリアしましたが、ろへいさんの邦訳とても面白いので、楽しく実況を観ました。

実は「線路上の謎」もコナン・ドイルの原作を脚色したものです。「The Lost Special」という話は厳密にいうとホームズの話ではありませんが、ホームズと思われる人物は登場します。「線路上の謎」の正規ルートは原作とは違いますが。

完結おつかれさまです!!

実況完結、おつかれさまでした。
今回は一つのゲームの中に関連性の無い話がそれぞれ収録されていて、どういった終わりを迎えるのかと思ていたのですが、ろへいさんの最後のまとめでそういうことだったのかと一人納得し、また考えさせられました。

また、ホームズなどそういったものを一切読んだことのない私にとっては、今回のコナン・ドイルの話をはじめ、いろいろと目から鱗の情報盛りだくさんの動画でいろんな意味で楽しませていただきました。
本当にありがとうございました><

そんな私ですが、今回最後にお話しされていた『罪と罰』をちょっと読んでみたいと思って調べてみたのですが、いろいろな人が訳をされて、いろいろな出版社が出しているので、もしよろしければ何処の誰の本を読まれたのか教えていただけると購読の一助になるのでよろしければお願いいたします。

それでは、初投稿で長々と失礼いたしました。
動画の収録・作成・翻訳とたいへんだとは思いますが、私も他のリスナー同様次回作を楽しみにしていますね!

Re: 完結おつかれさまです!!

> はしさん

コメントしてる人達の知識量が凄いのでこちらも気を抜けません(笑)
字幕付けよりもロケハンの方が遥かに時間がかかります。
初見実況プレイはアドベンチャーゲームには向かないんです…
次回作も是非、観て下さいね!

> ホーリンさん

えっ、「線路上の謎」にも原案があったんですね!
これは良いことを聞きました。
情報ありがとうございます★

> れおんさん

私は江川卓さんが訳したワイド版岩波文庫で読みました。
上中下の3巻で、文字が大きく、翻訳もこなれてたので読みやすかったです。

文学の名作ということで身構えて読んだら、意外とスリリングな展開で引き込まれましたよ。
現代の娯楽小説よりもよっぽど楽しめました。

お疲れ様でした!

いつも楽しく視聴させていただいております。ありがとうございます。
表示が小さく、メモの文字が見えないのが残念です。
故意なのでしょうが、せっかくなので、読みたかったです☆

大変だと思いますが、ろへいさんが実況をされるどのゲームも面白いので、
これからも、宜しくお願いします!

Re: お疲れ様でした!

> reikaさん

次回作はロケハンが簡単なゲームにしようと思ってます(笑)
よろしければ、また観て下さい♪

No title

お疲れ様でした!

英語の知識もすごいのですが、聞き取りや単語の勉強はどうやってされてますか?
自分も英語版をしてみたいので教えてください><

Re: No title

> まーさん

単語は、昔の受験生がよくやってた単語カードを作るやり方です。
聞き取りはNHKのラジオ英会話で鍛えました。
なんと言っても、タダですから。
過去の記事で、mp3音声データでダウンロードする方法を書きました
http://advgamers.com/blog-entry-243.html

詳しい英語勉強法の解説はこちらの記事にあります
http://advgamers.com/blog-entry-137.html

また、私の洋ゲー遍歴に関してはこちらです。
http://advgamers.com/blog-entry-136.html

よろしければ、参考にしてみて下さい♪

おつかれさまでした!
私は、ブラックピーターが印象深いですね。
あの綺麗な畑が今でも忘れられません(^^)

ろへいさんの、この丁寧な訳とロケハンが
あるおかげで私は
すごく楽しませて頂いています(*^_^*)

また、次回作も楽しみにしています。
本当にお疲れ様でした(^^)

Re: タイトルなし

> なちさん

ホームズの原作を追体験できるというのも大きいですよね。
原作ファンならより感動できると思いました。

次回作は早速スタートしたので、よろしければ見てみて下さい♪