Hotline Miami 2: Wrong Number #05

ビアード編がスタートです。
前作の様々な謎を解く手掛かりがたくさん出てきます。



ビアードのミッションは特殊です。
始めに選択した武器の弾薬が尽きたら、もう遠距離攻撃はできなくなります。
近接攻撃が効かない敵もいるので、そいつが出てきたら詰んでしまうわけです。
なのでなるべく弾をケチりつつナイフで敵を片付けていきます。

ザ・ファンズのマークは、任務開始時に二丁サブマシンガンを装備しています。
今回のステージでは特に有利です。
そしてパツキンのアレックス姉貴のご尊顔も拝むことが出来ます。
美人ですが部屋は散らかり放題で、すさんでいますね。
【ビアード】
beard_result.jpg

ハワイに侵攻してきたソ連軍を撃退するため、アメリカ軍によって投入された4人組の超精鋭ゲリラ特殊部隊『ゴースト・ウルヴス』のリーダー的存在。
私は動画内で「ビアードは大尉」と言っているが、これは間違い。
Lieutenantは米陸軍においては中尉を指す模様。
彼の戦闘能力はジャケットをも凌ぎ、おそらく本作の登場人物中で一番強いと思われる。

下のコンセプトアートからも明らかなように、本作の主人公的存在である。
beard.jpg

ビアードにはモデルがいて、本作の音楽およびコンセプトアートを担当した多彩の人、El Huervo である。
↓そっくりでしょ?
07HUERVO_result.jpg

【ジャケット】
JacketGhostWolf_result.jpg

前作の主人公。
本作では4年前の1985年の出来事が語られる。
ゴースト・ウルヴスの一員で、有能な軍人。
ビアードとは文字通り戦友である。
寡黙なのは相変わらずだが、ヘビースモーカーである点に注意。
前作でジャケットが煙草を吸ったのは、最後の最後に一本だけだった。

【バーンズ】
Barnes_result.jpg

ゴースト・ウルヴスの3人目のメンバー。
その外見から、ジャマイカ出身だと思われる。
非常に気が短く、しょっちゅうダニエルズと口論してはストレスを溜めている模様。
元バーテンダーということもあり、酒好きである。

【ダニエルズ】
Daniels_result.jpg

ゴースト・ウルヴスの4人目のメンバー。
元教師とのことで、理屈っぽく議論好き。
おそらくバーンズと口論になっても、言い負かしているのだろう。
動画内でも説明しているが、彼が口を覆っている"ケフィエ"はパレスチナのベドウィン族が顔に巻くスカーフで、砂漠の塵や暑さから身を守るのに必須のアイテム。
元々は神への敬虔さを示すものだったが、数度に渡る中東戦争により、反抗を象徴するようになった。
おそらくダニエルズは、第四次中東戦争(1973年)の従軍経験者。

【大佐】
Colonel_result.jpg

ゴースト・ウルヴスを指揮する司令官。
部屋の星条旗を見ても明らかなように、大変な愛国者である。
アメリカ側がかなり劣勢の状況下で、ソ連軍への必死の抵抗を続けている。
そのプレッシャーを紛らわすため、酒量が増えている。


今パートでビアードとジャケットが、当時従軍記者だったエヴァンに記念写真を撮ってもらっています。
もうバレバレなので先に言ってしまいますが、この記念写真は、前作の最後にジャケットがバルコニーから投げ捨てた写真です。
今はまだビアードが持っていますが、いつジャケットに手渡されるのか、注目して見ていて下さい。

evLoWfspSrM.jpg
素敵なファンアート

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビアード編は弾が切れても各所にある弾薬箱から少量の弾薬が補充できたはず。
FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
ニコニコ動画でPCゲーム、
主に海外のアドベンチャーゲームを実況プレイしてます。
ゲームも映画も小説も、実在感の感じられる重厚な作品が好きです。

ニコ動のユーザーページ:http://www.nicovideo.jp/user/7605419

ゲーム実況マイリスト

ニコ動コミュニティ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる