FC2ブログ

BCGワクチンがコロナウィルスの肺炎重篤化を防いでいた?

「BCGワクチンが日本人をコロナウィルスから守ってくれてる説」を推してる。
その根拠についてまとめてみた。
下の地図はドイツ。色が濃いほどコロナの罹患者が多い。
旧西ドイツに比べると、東ドイツの感染率が低いのは一目瞭然である。
実は、旧東ドイツ地域では日本型株のBCGワクチンを義務づけていた。
ここである仮説が出てくる。
BCGは、コロナウィルスによる肺炎の重篤化を防いでくれているのでは…?

germany.png

下の図は世界のBCGワクチンの接種状況である。
オレンジ:BCG任意接種の国
紫:ここ数十年で接種の義務化をやめた国。
黄:BCG予防接種を義務づけてる国。
EUFcO4cUYAE9zet-660x511.jpg

これが、コロナウィルスによる死亡率と不思議なほど符合する。
イタリアや西欧、アメリカで感染の拡大が早い。
死亡率の高い国は、おしなべてBCG接種を義務づけていない。

先の図で比べてみるとわかる。コロナによる死亡率は、
イタリアで高く、クロアチアで低い
スペインで高く、ポルトガルで低い
イギリスで高く、アイルランドで低い
スウェーデンで高く、ノルウェーで低い
アメリカで高く、メキシコで低い。
南米で見ても、紫色のエクアドルだけ突出して死亡率が高い。

アジア圏では子供や若者の死者が殆どいないのに、欧米でしばしば重篤患者が出ているのも、BCG接種の有無で説明がつく。


じゃあなぜ中国で感染爆発したのか?という疑問がある。

BCGワクチンは結核菌への免疫を獲得させる目的で、研究室で培養する。
培養の過程で毒性が弱まったり性質が変わる。
このようなタイプの違い、ワクチンのバージョンを"株"という。

下の図を見て欲しい。各国のBCGを株別に色分けしてある。
下図をコロナの感染が抑えられている地域と照らし合わせると、ブラジル株(紫)・ロシア株(青)・日本株(水色)が、コロナウィルスへの抵抗力が強いと考えられる。

EUGUfDNUcAAud-K.jpg

実はこれら3つの株は、第一世代のBCG、つまりオリジナルのワクチンだ。
中国で接種する株ではコロナを抑えきれなかった可能性がある。
一方、日本株(Tokyo172という)を接種しているタイ・台湾・イラク・日本では死亡率が低い。
感染が広がった中国やイランと、地理的に近いにも関わらず。
西欧諸国で日本人が亡くなったというニュースも聞かない



日本では1951年からBCG接種を義務づけている。
つまり、70才以上でBCGを受けてない人が多い。
コロナウィルス感染による年齢別死亡率が70代で跳ね上がっていることの、一つの証左になっている。

コメント 2020-03-29 084949

ちなみに義務化以降のワクチン接種率は95%に達する。
ここまで徹底してるのは日本だけだ。

ここで注意したいのが、BCGがコロナウィルスの"感染"を抑えるわけではない。
免疫機能が強化されることで、肺炎が重篤化するのを防ぐかもしれない、ということ。

下図は国内の感染者数をまとめた表だが、1349人のうち、日本国籍者は934人。約七割である。
つまり感染者の三分の一は外国籍者ということだ。
一方、日本人口における外国籍者の割合は2%。
人口比を考えると、外国人の罹患者の割合が不自然に高い。
BCG接種の有無が関係している可能性がある。

EUHLx7KUUAALjZP.jpg

一縷の望みをかけ、オーストラリアの医療従事者4000人に、BCG接種の臨床試験が行われる予定だ。
ワクチンが有効であれば、大人になってからBCGを接種しても、まだ間に合うということになる

中国で最初に新型コロナウィルスの感染が確認されたのは、去年の11月。
となると12月には中国人観光客を通して、日本で感染が広がっていたはず。
とっくに現在のイタリアのような地獄絵図になっていてもおかしくない。

ここで、もう一つの仮説が浮かび上がる。
去年の末から今年の初めにかけて、コロナはすでに日本で感染拡大し、日本人の多くは抗体を持っているのではないか?
そういえば去年、死ぬほど辛い咳風邪が一ヶ月続いたが、まさかあれって…コロナ?
感染者の8割は無症状か軽症だという。
あの頃はコロナウィルスなんて誰も知らなかったから、酷い風邪だと思ってスルーした人も多かったはず。
肺炎による死亡者は年間12万人もいる。中にはコロナウィルスで命を落とした人もいたんじゃないか。
今では肺炎になると大騒ぎだが、ほんの2ヶ月前までは"ただの肺炎"だった。


「日本人の多くが既にコロナウィルスに感染済みで、気付かぬ内に治って集団免疫ができた」
このシナリオが正しいとすると、PCR検査はあまり意味がない。
それよりコロナウィルスの抗体検査をやればいい。
集団免疫を確認できれば、少なくとも国内的には活動を自粛する必要がなくなる。
海外旅行だけを控えればいい。
封じ込め政策もしなくていい


BCG仮説のもう一つの魅力的な点として、不安にならなくて済む、というのがある。
健康で合併症がなく、BCG接種済みなら命を取られることはないと、自信を持って言える。
経済活動が萎縮することもない。

そうは言っても、今の最善策はやはり
・手洗い
・不要不急の外出を控える
・よく寝る
なので、粛々と生活していきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ろへい

Author:ろへい
Youtubeとニコニコ動画で海外ゲームを翻訳・実況プレイしてます。

現在、Patreonというサイトを通じてご支援いただける方を募集中です!
特典もありますので、ぜひよろしくお願いいたします
こちらをクリック!

ニコニコ動画 マイリスト

Youtubeチャンネル
Twitter

カテゴリ
最新記事
検索フォーム