セルソの軽食レストランについて

グリム・ファンダンゴ実況でどうしても補足しておきたいことがあるので、ここに書きますね。
Part4でマニーがルバカーバに着いたとき、セルソ・フロレスが経営する軽食レストラン「ルバマット」で床掃除をしています。

rubamat

このルバマットは、”オートマット”と呼ばれる自動販売機型の食堂です。
硬貨を入れると小さいショーケースの扉が開いて、中の食事を取り出せる、というわけです。

automat1

このタイプの食堂は20世紀前半に見られましたが、ファーストフード勢力に押しつぶされて、1991年に絶滅しました。
が、2006年にニューヨークのイースト・ヴィレッジで「Bamn!」というオートマット型食堂が復活しました。
以下は店内の画像です。

automat2

実況Part5で、クローク係ルペの「使わなくなった自動販売機のタグに─」という台詞がありました。
この自動販売機というのは、マニーがルバマットをルーレット付きカフェバーに改装した際に捨てたものですね。

日本でも60年代に「オートパーラー」という名前で登場しましたが、一瞬で消えたそうですw

コメントの投稿

非公開コメント