【ヨトゥン】 北欧神話を語る実況 完結!

短いシリーズでしたが、多くのエネルギーをつぎこんで良い動画にできたと思ってます。
これを機に、北欧神話に興味を持っていただけたら幸いです



北欧神話関連の本を何冊も読みましたが、結局は原典のエッダが一番面白かったです。
一度、アイスランドに行ってみたくなりました

この実況で北欧神話の全体像は解説できたと思うんですが、オーディンの息子バルドルが殺される話ができなくて残念です。
あと人間族の英雄達の話もできませんでしたね…

動画中で書籍紹介をしましたが、新紀元社から出てる「図解 北欧神話」も良かったですよ。
本シリーズの視聴者の中から、ひとりでもエッダを読む人が出てくることを祈ってます。

さて、次回作はCat Ladyのようなホラーアドベンチャーゲームです。
さっそくこれからロケハンを始める予定。

それでは、また次のゲームでお目にかかりましょう!

【ヨトゥン】 北欧神話を語る実況 第四話

世界樹ユグドラシルステージ
手描きグラフィックが映えます



普段はキーボードでゲームしてますが、本作はコントローラーの方がやりやすいです。
XBoxの定番のやつを使ってます。
コントローラーでプレイするなんて20年ぶりくらいなので、最初はゲームに疎いおじいちゃん状態でした。
どんだけロケハンで練習したことか…

さて、この短いシリーズも残すところ2回となりました
あとは古代北欧のヴァイキングの生活などにも触れておきたいですね
何とか解説を詰め込めるだけ詰め込んでみたいと思ってます

【ヨトゥン】 北欧神話を語る実況 第二話

完全に音量調節をミスりました…
ゲーム音楽に比べて私の声が大きすぎる。
実況を8年もやってて、いまだに音量調整には苦戦を強いられます



解説を詰め込んでいるように思えますが、これでも話したいことを大幅カットしてます。
本当はこの3倍は喋りたいんですが…
もし不明瞭な点があれば、コメントしてもらえると嬉しいです。

ところで北欧神話は、原初の巨人ユミルが誕生して、その死骸から世界が創造され、神々・巨人族・小人族・人間などが生まれ、悲喜こもごもの事件があり、最後に最終戦争ラグナロクで殆どが滅んで終わりを迎えます。
お気楽な楽しいエピソードもありますが、バッドエンドで終わるというのが、古代北欧の人々の世界観を反映しています。

そして世界各地の不吉な占いや予言から、オーディンを始めとする神々は、ラグナロクが近いと感じている。
驚くことに、オーディンは自分が巨狼フェンリルに噛み殺されることを知っている。
それを承知で巨人族を倒すために、戦死した歴戦の勇士を集め、神々の手駒として手元に置いているわけです。
だからこそトーラはオーディンに目をつけられ、力を試されているんですね。

ヴァルハラ宮殿に入ることができれば、戦士として最高の栄誉を得ることができます。
その代償に、当然のことながら最終戦争ラグナロクに駆り出され、前線に送られて二度目の死を迎えることになるでしょう…

【ヨトゥン】 北欧神話を語る実況 スタート!

クトゥルフの呼び声が完結してから間髪入れずに新シリーズを始めます!
大好きな北欧神話の魅力を語り尽くす、後付け実況です



2Dアクションゲームの完成度自体も高いんですが、北欧神話を知っていると、より楽しめます。
というわけで、解説を入れながら実況していきます。
このシリーズを見終わったら、ひととおりの北欧神話知識が身につく、というものにしたいです。

アクションゲームが大の苦手なので、しっかりロケハンで練習してから挑みます。
完結までよろしくお願い致します♪

続きを読む

クトゥルフの呼び声:冥き地の最果て 完結!

ついに最終回!
クトゥルフ神話シナリオの主人公の末路なんてこんなもの…か



名作クトゥルフゲーもついに完結…ホッとしてます。
楽しんでいただけたなら、それで十分です。

本記事では、"クトゥろへい"の顔芸のせいでシナリオが理解できなかった方のために、章ごとのストーリー解説を行います。

続きを読む

クトゥルフの呼び声:冥き地の最果て #17

悪魔の岩礁の真下、海底深くにイハ=ントレイという深きものの巣くう海底都市があった。
政府の潜水艦が魚雷攻撃するも、謎の結界により無効化されてしまう。
その最中、たまたま敵の本拠地へ潜入する形となったジャック・ウォルターズ。
深きものどもを一網打尽にするため、結界を解くことができるのはジャックしかいない!



いよいよ長くて難しいと評判の最終章です。
難しすぎてロケハンに大苦戦しております。
でもあと数パートで完結と思えば、やる気もわいてくるってなもんです

続きを読む

クトゥルフの呼び声:冥き地の最果て #12

やっぱりタコの方がしっくりきますね…



いよいよ後半戦、といった感じ。
ロバート・マーシュを追い詰めるジャック・ウォルターズ。
マッキーと協力し、ダゴン教団を探索します。
幻視をフルに活用しているところなど、ジャックのメンタルは強いですね。

続きを読む

ペン画をヤフオクに出品しました!

絵の練習のモチベーションアップと質の向上のために、ヤフオク出品を始めました!

第一弾はペン画です♪

至らない点はありますが、少しずつ上達していきたいと思っていますので、興味があれば見てみて下さい

クトゥルフの呼び声:冥き地の最果て #08

ちょっと悪ふざけが過ぎた回



結局、インスマスの呪縛からは逃れられない。
次回はオーベッド・マーシュ船長の子孫が経営するマーシュ精錬所へと乗り込む。
FBIが悪の巣窟と見ている黄金の精錬所には何があるのか…

続きを読む

クトゥルフの呼び声:冥き地の最果て #07

ついにブライアン・バーナムとご対面!
彼を救出し、インスマスからの脱出を図る



サムネバイバイしてみました
動画内で言及されるマーティンというのは、警察署長のことです。
刑務所のトイレで速攻、ジャックに撲殺されますが…

あとマッキーが言ってたフーバーというのは、アメリカ連邦捜査局、すなわちFBIの初代長官です。
1924年にFBIの前身組織であるBOIの長官に任命されてから、1972年に亡くなるまで、なんと48年間も長官職にとどまったという、怪物級の人物です。
大統領を始めとする数多くの大物の秘密を握り、時に脅迫して自らの保身を図ったり、マフィアから賄賂を受け取っていたり、人種差別主義者だが自らは同性愛者だったり、いろいろ複雑な人物像で、いまだ毀誉褒貶が激しい。

クリント・イーストウッド監督の「J・エドガー」でディカプリオがフーバーを演じていました。
その他、映画や関連書籍が多く出てます。